感情コントロールなら感情クリアリング

人は思い込みを手放せた時、真の力を発揮する

人は思い込みを手放せた時、真の力を発揮する

人は誰しも「思い込み」がある。

思い込みとは何なのだろうか?

簡単にいえば、自分で「そういうものだ」と
深く納得してしまうことだと思う。

それは幼少期に受けた、他愛もない思い込みから、
嫌だった経験、恥ずかしかった経験、
嬉しかった経験、楽しかった経験、
時には生涯の人生に影響してしまうほど、
根深い思い込みまである。

Wikipediaによると

思い込み(おもいこみ)とは、深く信じこむこと。 また、固く心に決めること。思い込みをする人は、ある考え方に執着し、合理的な推定の域を超えて、固く真実だと信じ、自分が正しいことを言うために、常識・道徳・前例・先入観・固定観念などを根拠にすることがある。 しかし、こうした根拠が他者と全く共有できないものである場合も珍しくなく、合理的な説得をしても信じてもらえない。

とある。

つまり、思い込みとは行動の原動力になる「良い思い込み」もあれば、
行動のブレーキにもなる「悪い思い込み」もあるということだ。

思い込みは、どんな時に生まれるのだろうか?

人には潜在意識というものがあり、
そこに感情を伴った経験を何度もすると、
潜在意識に入り思い込みになる。

幼児期は、特に潜在意識に入りやすい。
なぜなら、自我が目覚めていない幼児期は
常に潜在意識が開放しっぱなしだからだ。

特に幼少期に辛い経験、悲しい経験ばかり受けてきてしまっている人は
潜在意識に悪いものばかりが蓄積されているという。

その悪い経験がトラウマとなり、
大人になっても邪魔をする。

人は生まれながらにして天才なんだ

自分は、あの人と比べて馬鹿なのかもしれない…。
あの人はあんなに上手くいくのに、自分はなんで上手くいかないんだ…。

そう思ったことがあるかもしれない。

人は生まれながらにして天才なのだ。
行動の制限をしてしまっているのは、
自分自身の心、潜在意識が問題なのだ。

制限がないから突き抜けられる、
制限があるからブレーキをかけてしまう
のだ。

もしかしたら、幼少期に親から無意識にいろんな
悪い影響を受けてしまったかもしれない。

でも、そんな親でも許してあげて欲しい。

自分の子を不幸にしたい親など、どこにもいない。
親にも悪気はなかったのだ。
親も、そんなことは知らなかったのだ。

親を恨んでも始まらない。
親に産んでもらわなかったら、この生命はないんだよ。

親も未熟、親も大きな子供なのだから。
どんな親でも感謝をしよう!

自分で悪い思い込みを解決する方法がある。
それを次回に書きたいと思う。

感想募集中記事への感想などがあったら、嬉しいですm(__)m

 

心の悩み、辛くて苦しい思いを抱えている方へ
あなたの考え方は間違っています
Clearメルマガを無料で購読しませんか?

 
突然、間違っているなどと言って失礼致しました。
もしも今あなたが、生き方や人間関係で悩んでいるのでしたら
それはあなたが真面目すぎなのかもしれません。

もしかして、今こんな想いを抱えていませんか?
 
・自分に自信がない
・勇気がない
・いつも不安
・恐怖を抱えている
・感動がない
・ヤル気がない
・集中力がない
・行動力がない
・誰かを許せない

大丈夫です、安心して下さい!
すべて自分で解決できますよ。

当メルマガでは、ここでしか公開できない秘密の情報や特別なプレゼントなど

「決して他では得られない価値」を提供しています。

まずは以下に、お気軽にご登録下さい。

メールアドレス
お名前(苗字)

  

  ブログランキングに参加しています
ブログランキング    ブログ村
walking_dribble

 

この記事が気に入ったら
「いいね ! 」しよう

Twitter で

お気軽にコメントをどうぞ

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK

この記事を気に入ったあなたにおすすめ

最近の投稿