感情クリアリング

 

【人間関係がうまくいかない】超盲点!人間関係を円滑にする方法

人間関係、それは人間として永遠のテーマです。
人は絶対にひとりだけでは生きていけないからです。

よく、人に与えれば与えられる、
与えて与える人が成功する、
などと成功哲学では言われています。

与えること=成功法則としては理解できますが、
いつもやっているけど実感できない、
なんとなくピンとこないという方も
多いのではないでしょうか。

ここでは、「人間関係と与えること」についての
ある重要な気づきがあったので、書きたいと思います。

自分にとっての人間関係のワーク

ここでひとつ
ある簡単なワークをしてみませんか?

あなたは、ある人間関係に悩んでいたとします。

まず1枚の紙に、

・上司
・父親
・母親
・パートナー(結婚相手、恋人)

と書いてみましょう。

この人たちが、「自分にとって、どの程度いい人なのか」、
100%を最高として何%かを書き込んでみてください。

上司ならどの程度、いい上司なのか? ◯◯%
父親ならどの程度、いい父親なのか? ◯◯%
母親ならどの程度、いい母親なのか? ◯◯%
奥さんならどの程度、いい奥さんなのか? ◯◯%

という具合にです。

ここで、

・上司 … いい上司度 20%
・父親 … いい父親度 60%
・母親 … いい母親度 80%
・パートナー … いい奥さん度 100%

と出たとします。
 

実は

この数値は、その人たちに自分が
どの程度価値を与えているかという
数値にも等しい
というのです。

え?上司に20%の価値しか与えていないなんて。

いや、そんなことはない。
自分は上司にはもっと価値を与えている。
そう思うかもしれません。

しかし、これは仕事として、建前として
やっているなどはノーカウントです。

これは仕事だからとかは抜きにして、
人として本心でやっていなければならないのです。

もし本心だとしたら、
当たっているのではないでしょうか。

人間関係を円滑にする方法、それは「価値を与えること」

ここで分かることは、

もしもその人間関係に満足したければ
自分から進んでその人に価値を与えなければ
ならない

ということです。

自分が嫌いと思っている人は、その人から
何か奪われていると感じていたりしませんでしたか?

自分が奪われていると感じるのは、
自分がその人に十分に価値を与えていないからなのです。

しかし、人間ですから好き嫌いがあって当たり前です。

「自分は、この上司は嫌いだから絶対に与えたくない」
そう思うかもしれません。

「嫌い」という心理の奥には、実はある心理が隠れています。

実は、嫌いという感情が隠しているのは、

「その人といる時の自分が信用できない」という恐怖なのです。

分かりやすく言うと、

「その人の前にいると、自分に自信が持てない」
という恐れの感情

なのです。

人間関係と自信、実は全て繋がっていた

ここで、もう一つ質問です。

その嫌いな上司といる時、
あなたの「自分への信用度」は、何%ですか?

きっと、先ほどと同じ20%になったでしょう。

ここで驚くべきことが分かります。

・自分がいい上司と感じている度
・自分が上司に与えている度
・上司といる時の自分への信用度(自信)
・上司といるときの自分のいい人度

は全て等しいのです。

つまり、

その人にどれだけ価値を与えられるかが、
自分に自信を持てて、その人を良い人と思えて、
自分を好きと思えるか
なのです。

全く関係ないと思っていたこと、
これが全て繋がっているのです。

これは意外な盲点ではないでしょうか?

人間関係がうまくいかないなら「価値を与えよ」

もし自分の前に嫌いな人や苦手な人が現れたら、
ご自身の自己成長のためにも
逃げたりせず真剣に向き合ったほうがいいです。

自分の苦手な人とは、
自分にないもの、足りないものを持っているので、
その人の前に立つと自分に自信がなくなるため
苦手だったり嫌いと感じる
のです。

もしも自分をもっと成長させたいのなら、

まずは、

その人を認め、受け入れ、
感謝するところから始めませんか?

自分の嫌いな人を受け入れて自分に自信を付けるステップ
その人自身や、その人といる時の自分にも嫌悪感を抱かず、自分を責めない
優しく価値を与え、感謝しケアをする
トータルで自分を信用できるようにして、できることから始める

自分の苦手な人、嫌いな人は
自分を成長させてくれるためにいる。

そう思えたら、人生楽しくなりませんか?

嫌いな人から目を背けたままなら、
あなたはいつまで経っても成長しません。

人生ドラクエ感覚で、
もっと気楽に楽しくクリアしていきませんか?

人生ゲーム感覚で生きると楽しい

【人間関係がうまくいかない】超盲点!人間関係を円滑にする方法 まとめ

 
  • 自分にとって、どれほどいい人なのかを100%として色々な人を見た時、その人は自分の映し鏡そのもの
  • この数値は、実はその人たちに自分がどの程度価値を与えている値に等しい
  • 例えば、自分が苦手な人、嫌いな人がいたとする。その人が嫌いな理由は、実はその人といる自分に自信が持てないという恐怖からきている
  • 自分が嫌いな人から逃げてはいけない
  • その人は最も自分を成長させてくれる人だ
  • その人にどれだけ価値を与えられるかが自分に自信を持てて、その人を良い人と思えて、自分を好きと思えるのだ
  • まずは無理に背伸びなんかせず、その人やその人といる自分に嫌悪感を抱かないこと
  • 少しずつ価値を与え、感謝すること
  • 自分を信用できるように、出来ることからはじめよう
  • 自分の嫌いな人が現れたら、自分の試練、映し鏡だと思って感謝して自分のできることから1つずつ与えていこう
  • 外に原因があるのではない。自分の心の扱い方、考え方が全ての原因なのだ
  • 与えれば与えるほど、自分が成長し、幸せになり、周りも幸せになり、この世の中は天国となる

 
↓ 今回の記事のマインドマップはこちら
【人間関係に自信ない方へ】超盲点!人間関係と自分と自信の関係MindMap
 

ブログランキングに参加しています
ブログランキング    ブログ村
walking_dribble

Clearメルマガを
無料で購読しませんか?
もしも今あなたが、生き方や人間関係で悩んでいるのでしたら
それは今までの環境や習慣が原因なのかもしれません。

もしかして、今こんな想いを抱えていませんか?

・自分に自信がない
・勇気がない
・いつも不安
・恐怖を抱えている
・感動がない
・ヤル気がない
・集中力がない
・行動力がない
・誰かを許せない

大丈夫です、安心して下さい!
すべて自分で解決できますよ。

当メルマガでは、ここでしか公開できない秘密の情報や特別なプレゼントなど
「決して他では得られない価値」を提供しております。

まずは以下に、お気軽にご登録下さい。

メールアドレス
お名前(苗字)

 

スポンサーリンク










この記事を書いた人

感情クリアリングコンサルタント / 自己実現サイトプロデューサークリア
人は誰かの役に立つために生きています。人はこの世に一人しか存在せず必ず誰かの役に立てます。誰かに役立つこと=生き甲斐だと私は考えています。そんな自分の生き甲斐を形にする、年齢、性別、資格、経験など一切関係ない、楽しみながら人に役立ち一生の資産に変える自己実現サイトプロデュース、私の今までの貴重な人生経験を活かした私にしかできないコンサルティングをしております。詳しくは以下のプロフィールをご覧下さい。

コメントをどうぞ

*
*
* (公開されません)

あなたにおすすめの記事



Share / Subscribe
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly

PICK UP POST